iPadについて①

iPadは至高のデバイス

 

スマートフォンのメーカーでやれAppleはクソだのAndroidはクソだのという議論は度々見るが、タブレットでこの類の議論がなされているのを見たことがない

 

とりわけ個人的に惹かれたのは書籍を何冊も入れてiPad上で読むことだった(某ゲーム・某ライフの5万冊が入ったタブレットや某大医学部の水上某氏が医学書をタブレットに入れていたことあたりに影響を受けたのかもしれない)

 

そんなわけで私もiPadの購入を浪人時代から検討していた

 

というのも、本の自炊が1番必要なのは受験生ではないか?という思いがあったからである(これは次の記事で掘り下げる……つもり)

 

一度親に「iPhone解約していいから通話機能付いたiPadにしてくれ」と頼んだことがある(そんなものは存在しないと後に発覚)

 

しかしマーケティングに必要なスキルが皆無であった私が買ってもらえるはずもなく、結局iPadを買ったのは大学に入った後になった。

 

自炊環境も整い、今はiPadをそこそこ活用したクリエイティブなライフスタイルにサティスファイドしてるわけだが……(突然のイキリ横文字)

 

ここからが本題

 

この話の核心(?)

 

私は現在所持しているiPadを売りに出すことを検討しているのである(続く)