貧血①

インフル他の病気でも死を感じる事が無かった私だが、今日貧血で倒れかけ、初めて死を覚悟した

 

友人と新宿に本を買いに行った帰り、調布駅まで準特急に乗って向かっていた時の事だ

 

腰が痛い 立っているのが辛い

というのが最初に感じた異変で、私は人で埋まった車内で腰を曲げたり伸ばしたりしながら立っていた

 

しかしおかしい、前にかけたリュックに入っているのはせいぜい本1冊でとても重いものではないのだが。体力の無さには自信があるがここまでとは、くらいに考えていた

 

そうこうしているうちに明大前を過ぎた。その間にも立っている力はどんどん奪われる

 

つぎの千歳烏山で誰かが席を空けたらそこを真っ先に取ろう…などと考えていたが、更なる異変に襲われる

 

耳が遠くなっていく 視界が暗くなっていく 手足が痺れていく

文字通り頭を抱えるが右手の感覚が奪われていて、頭部からの被触感(?)だけしか伝わってこない

ドア横のバーを握る左手も感覚が無くなり、立ちくらみが激しく感じられた

 

物も視認出来なくなった。これはまずい、友人に千歳烏山で降りていいかと聞こうと頭では考えるが口が開かない。そしてこちらも消えかけの聴覚で千歳烏山到着のアナウンスを聞いた

 

友人には申し訳ないがここで降りよう、後で連絡しようと思いながら電車から下りた(友人は異変に気付いて一緒に降りていてくれていた)

 

しかし、私が持っていた、なんとなく降りたら良くなるだろう…なんて希望的観測は裏切られた。座るところを探すにも前が見えない。もうダメだ、座り込もう…とすると友人が私を支えていてくれている事に気付いた。

 

「近くに座るところはないか」と聞くが、私自身座る場所まで歩いていく気力がない。結局座り込んで、取り敢えず自販機の水を買ってきてもらった。

 

座った後は徐々に各部位が回復してきた。しかしこのような事態は今まで経験した事がなく、病気なんだろうか、悪いものを食べたという症状ではないし…などと考えていたが、結果思い至ったのは貧血ということだった(続く)

iPadについて①'

iPadについて②をそこそこ書き進めているのだが,推敲(同時進行)に非常に手こずっているので①'と称して②への繋ぎとしようと思う(繋ぎになる気がしない)

 

前回の最後に述べたのはまあ下ッ手クソな…何と言うんだこれは…釣り?で、情報量を増やして書くと、「私は現在所持しているiPad Pro10.5インチを売却してiPad Pro9.7インチを新たに購入することを考えている」という訳である

 

理由を列挙する

 

・安い

iPad Pro9.7インチは現役モデルではない。当然安い。32GBだと4万台で買えるのではなかろうか…?

私はiPad Pro10.5インチ Wi-Fiモデル 64GB(+Apple Pencil&カバー)をメルカリで72000円で購入した。最安をちょいと調べてみるとiPadが63700円、Apple Pencilが11000円ということなのでまあ得したと言えるだろう。

しかし、キツい。こっちは一人暮らしの大学生なのだ。できることなら6万円台で売って差額を…まあSmartKeyboardにでも(貯めろ)

 

・Officeが制限付きで無料

これは全く頭にないまま10.5を購入してしまったのだが、Microsoftは110.2インチ以上のデバイスでのOficeの利用は商用とみなされ、サブスクリプションの購入が必要になる。

私の大学は非常にレポートがキツい。授業中でもゴリゴリ書きたい程度だ。しかしパソコン(MacBook Air 13インチ)を机の上に出すのはなんとなく気が引ける。iPadなら授業をないがしろにしてる感も薄まるだろう(適当)

しかしながらそこにサブスクリプションに月1400円(!)を払うのは…なにせこっちは一人暮らしの(ry

その点9.7インチは機能の制限は付きながらも(その制限も私にとってはあってないようなものだが)無料でOfficeが使える。

 

・自炊した教科書を(見開きで)見るのに耐えられる

消極的理由である。前回述べた(述べたよね?記憶が曖昧)通り自炊した本を読むことは私のiPad購入の目的の中でも大きな部分を占める。10.5インチは十分な画面サイズだった。ベゼルが太めなことは微妙に懸念事項だが、まあ大丈夫だろうと楽観視している。9.7インチ以下だと流石に見開きは厳しいだろう。というかminiだと見開きじゃなくても…

 

そんなこんなで、私は買い替えを検討しているのだが…(続く)

 

 

 

iPadについて①

iPadは至高のデバイス

 

スマートフォンのメーカーでやれAppleはクソだのAndroidはクソだのという議論は度々見るが、タブレットでこの類の議論がなされているのを見たことがない

 

とりわけ個人的に惹かれたのは書籍を何冊も入れてiPad上で読むことだった(某ゲーム・某ライフの5万冊が入ったタブレットや某大医学部の水上某氏が医学書をタブレットに入れていたことあたりに影響を受けたのかもしれない)

 

そんなわけで私もiPadの購入を浪人時代から検討していた

 

というのも、本の自炊が1番必要なのは受験生ではないか?という思いがあったからである(これは次の記事で掘り下げる……つもり)

 

一度親に「iPhone解約していいから通話機能付いたiPadにしてくれ」と頼んだことがある(そんなものは存在しないと後に発覚)

 

しかしマーケティングに必要なスキルが皆無であった私が買ってもらえるはずもなく、結局iPadを買ったのは大学に入った後になった。

 

自炊環境も整い、今はiPadをそこそこ活用したクリエイティブなライフスタイルにサティスファイドしてるわけだが……(突然のイキリ横文字)

 

ここからが本題

 

この話の核心

 

今、私は所持しているiPadを売りに出すことを検討しているのである(続く)

こんにちは

こちら某国立通信大B1のSbによるブログです

 

ブログの内容はコンピュータ関連、Apple関連、お勉強関連の話がメインになりそうです(ほんとお?)

 

実はブログは4回目くらいです

どれも大体3日坊主で辞めています

今回はどれだけ持つかな

 

書くネタが浮かんだら下書きにタイトルだけでも書くくらいには進化したので期待してて下さい

(記事にするとは言ってない)

 

よろしくお願いします